いちポリ練り生石鹸 ichi-pori練り生石鹸 効果

くすみを改善する洗顔

くすみを改善するためには、洗顔は欠かすことのできないステップです。
肌についた余分な皮脂や毛穴汚れをしっかりと落とすことは、くすみを改善することに繋がります。

 

しかし、間違った洗顔方法では、肌にダメージを与えてしまい増々くすみを悪化させてしまうことにもなってしまうので洗顔方法にも注意するのが大切です

 

正しい洗顔方法とは?

お肌に負担をかけずに、肌に「余計なものだけ(汚れなど)」を取り除くことが大切です。

 

洗顔をやりすぎない

基本的に洗顔は、朝・晩の1日2回でOKといわれています。
必要以上に洗うことは、乾燥や過剰皮脂など肌トラブルの原因になります。

 

洗顔の前に手洗い

手には、脂汚れや雑菌がいっぱいです。
手に汚れがついた状態だと、「菌が繁殖する」原因にも繋がってしまいます。
また、汚れた手で泡立てると洗顔料の洗浄力がそちらに奪われてしまい泡立ちが悪くなってしまいます。
洗顔の前には、しっかりと手を洗っておきましょう。

ぬるま湯で洗顔する

お肌に最も負担をかけないようにぬるま湯で洗います。
「いちポリ練り生石鹸」では、体温に近い温度37℃前後を推奨しています。

 

肌細胞は45度以上のお湯で傷んでしまい、肌に必要な皮脂も落としてしまいお肌の乾燥に繋がります。

また、水が冷たすぎると、毛穴が閉じて汚れを排出しにくくなります。

ぬるま湯で洗うことで、しっとりとした潤いが続きます。

 

弾力のあるしっかりとした泡でやさしく

力を入れてゴシゴシ洗うとことは、摩擦が起きてしまい、肌にダメージを与えてしまいます。
お肌に優しく洗うためには、洗顔の際の泡がポイントです。

 

●しっかりと泡立てた弾力のある泡がクッションになり肌への摩擦が少なくすむ
●キメの細かい泡は、毛穴の奥底までしっかりと入り込み汚れを落とす

 

「いちポリ練り生石鹸」は、イチゴポリフェノールなどの成分の特性で、吸着力、弾力のあるキメの細かいしっかりとした泡ができます。

 

泡でマッサージしながら洗う

タップリの泡で、クルクルと優しくマッサージをしながら洗います。
この時、洗う順番にも注意します。
詳しくはこちら

 

すすぎ残しのないようにする

すすぎ残しのないように洗顔料をぬるま湯でしっかり落とします。
その際には、顔をこすらないよう、手のひらにためたお湯でヌルつきがなくなるまで丁寧にすすぎます。
特に髪の生え際は、洗い残しが多い部分なので注意します。

 

タオルで水分をやさしくふき取る

洗いあがりの水分のふき取りは、タオルを肌にやさしく押し当てるようにして行います。
タオルでゴシゴシふき取ることでお肌に摩擦が起きてしまうのでNGです。