バセドウ病の手術その3

手術療法はバセドウ病の治療方法のなかでも、最も早く効果が出る方法なの
で、バセドウ病が治る確率がとても高いこともメリットでしょう。
もし、バセドウ病患者の方が、手術療法を受けたいと思うなら、病院選び、
医師選びを慎重に行うことです。バセドウ病に精通していて、かつ、甲状腺
外科の経験が豊富な医師に手術をお願いしたいですね。
今までご紹介したことをまとめてみますと、バセドウ病を手術で治すメリッ
トは、手術さえ我慢出来たら、早期回復が期待できること、通院する間隔が
延びることです。
また、デメリットは、入院するので日数が必要なこと、傷跡が残ること、腕
の確かな医師を探すこと、後遺症も考えられることです。甲状腺の腫れがひ
どい人や、バセドウ病の治療薬に副作用が出る人、薬では効果が得られない
人は手術を勧められるでしょう。
また、バセドウ病を短期に集中して治したい人や、手術することを苦と思わ
ない人は、手術による治療が向いているでしょうね。体にメスを入れること
に大きな不安がある方や、手術すること自体が大きなストレスになってしま
う方は、手術には向かないでしょう。

お仕事で病院にまめに通えない方は、短期で入院して手術してしまったほう
が、楽になるという人もいらっしゃるでしょう。
また、高齢者の方で手術に向かない方もいらっしゃるでしょう。若い方は手
術しても回復が早いでしょうが、高齢者の場合は同じようにはいきませんか
らね。
とにかく、バセドウ病は薬で治療となると、長い期間、付き合っていかなけ
ればならない病気です。
バセドウ病の手術その3